病院

アメリカの医療は高度に専門化が進んでいること、原則アポイントメントによる面会であることに特徴があります。日本のように耳鼻科・皮膚科・外科などに直接患者が出向くことはなく、まず何はさておき”primary care”の主治医にアポを取らねばなりません。専門医には、その後紹介状をもってまたアポを取らねば会えないのです。

主治医を持つことは、自分の過去の病歴やアレルギー、体調などを全て把握している医者を持つ、ということであり、信頼できるシステムなのですが、慣れないうちは面倒に感じることがある習慣のひとつでしょう。

MIT Medical

MIT Building E23
617-253-4481 (アポイントメント)
617-253-1311 (緊急)
Kendall (Red Line)
Mon, Wed-Fri 8:30am-5pm; Tue 8:30am-7pm

その点このMIT Medical は大変いたれりつくせりの機関です。MIT のHospital Insurance Plan に入るとまず、主治医の先生が決まります(MIT Medical に電話をするか、または直接出向けば、端末で検索し「あなたの先生はDr. XXX です」と教えてくれます。なお、お子さんの主治医は別途小児科医にお願いすることになります)。

緊急時には、休日だろうと夜中だろうと診療してもらえるサービス(Hospital Insurance Planでカバー)もあります。この場合は当直の先生が診療をします。

医療範囲は内科・外科・耳鼻科・眼科・小児科・皮膚科から入院施設まであり、ちょっとした病院の規模を持っており万全です。全体にスムーズなオペレーションと的確な処置で評価は高いらしいのですが、唯一歯科だけは評価が低いようです。

主治医とのアポイントメントは
   当日の午前にTel→当日の午後の診療
   前日の午後にTel→翌日の午前の診療
が普通のパターンですが、緊急の場合はこの限りではありません。

  • 通常のアポ(Tel:617-253-4481)
    オンラインでも予約ができます。
  • 緊急のアポ(Tel:617-253-1311)
    なお、緊急時はMIT Medical 内のUrgent Careに赴けばアポなしでも診てもらえますが、待合室で1 時間以上待たされることになります。

なお、アメリカの病院では事前の電話なしにキャンセルすると、チャージを取られます($20-50 程度)。MIT Medical でもそれは例外ではありません。

その他の医療機関

ボストンはハーバード、タフツ、ボストンと3 つの有名な大学病院があり、全米でも一、二の医療の充実を示しているといわれています(中でもMassachusetts General Hospital は“世界に冠たる”病院と呼ばれているようです)。しかし、このようなところで治療をうけられる方は殆どおられないと思います。

どうしても「日本語で・・・」という方のための、日本語の話せるお医者様のリストはこちらを参照ください。なお、MIT Medical でも、依頼をすれば、電話を通じて(多少不便ですが)通訳サービスが受けられます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。